ヒーローの資質を活かす時

ITの仕事をしている影響で、おのずとIT社会がどのような方向性を辿っていくのかを意識するようになる方がいることでしょう。
その仕事で様々な体験を重ねていくことで、IT企業に携わる者としての自覚が芽生えていくでしょうし、ともすればITの仕事をしていることが正しいことだと改めて思うことが窺えてくるのです。

IT社会に多大な影響を与えるキーマンだと自負している方は、「俺がIT企業に勤めている以上は、どんなことだってプラスへと転換させて見せる。誰よりもデキる男だということをみんなの目の前で証明させていくことで、俺の株はうなぎ登りになっていくことは間違いない」と思っているのでしょう。ある人が仕事ができるようになったことの背景として挙げられるのは、自分を良く見せていこうとする明確な目標意識があるからであり、仕事で成果を上げた結果として、周りの人達が自分の方に羨望の眼差しで見てくれることで、自分を認めてくれるように努力したことが報われたと感じることが窺えてくるのです。

自分こそが後世にわたって良い影響を与える人物だと自負している方がいることでしょう。それだけ自身の裁量に自信があることが窺えてきて、ともすれば自分一人の力でIT社会を作り直していこうとするくらいの意気込みを表明することさえ考えられるのです。自分を信じ続けていくことで、自分の前に立ち塞がった壁を乗り越えていく余裕を、大舞台で披露する役者のように大勢の人達に見せていくことでしょう。
中には、システムエンジニアなどのもっと高みを目指す技術者もいると思うのです。自分こそがキーマンになると信じて・・・。


コメントを残す

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>